資格取得や働く場所とは|就職や転職に便利|医療事務の資格は通信教育で取得できる
ウーマン

就職や転職に便利|医療事務の資格は通信教育で取得できる

資格取得や働く場所とは

女性

資格を取得するには

診療放射線技師とは病院や診療所などの医療機関で、放射線を用いた検査などの業務を取り扱う専門職のことを指します。診療放射線技師は国家資格であり、資格がなければ業務を行うことはできません。資格を取るためには国家試験に合格する必要がありますが、国家試験を受けるためには受験資格が必要となります。受験資格を得るためには、厚生労働大臣が指定する診療放射線技師養成機関か、文部科学大臣指定の学校で学ぶ必要があります。養成機関や学校には3年制の専門学校や短大・4年制の専門学校や大学があります。そこで所定の単位を修得し、晴れて卒業することで診療放射線技師国家試験の受験資格が得られます。また医療機関などで働くためには、別途採用試験を受ける必要があります。

働く場所

診療放射線技師には大きく分けると4つの業務があり、X線診断・ラジオアイトソープ診断・放射線治療・放射線管理となります。もちろんこれらの業務は医師や歯科医師の指示の下で行われる業務であり、コ・メディカルの一つです。医療職である以上、患者との関わりを持つため、責任がありやりがいのある仕事です。また診療放射線技師の働く場所は医療機関がメインですが、そのほかにも検査施設や医療機器メーカーで働くケースもあります。大きな病院で働く場合は、診療放射線技師も多いので担当が分担されており、専門性を高めることができます。一方小規模の医療機関では、一人でいくつもの医療機器を扱うことが多いので、幅広い広い知識を身につけることができます。