眼科で働くには|就職や転職に便利|医療事務の資格は通信教育で取得できる
ウーマン

就職や転職に便利|医療事務の資格は通信教育で取得できる

眼科で働くには

男の人

眼の治療で必要な資格

最近医療関係の就職を志望する人が増えています。医者になるのは大変ですが看護師や医療事務の資格は頑張れば何とかなりそうなので志す人が多いです。その中でも最近人気のある資格が視能訓練士です。視能訓練士とは視力、眼圧、眼球運動などの検査や写真撮影検査を行えるのと、弱視や斜視のひとの視力訓練を行える資格です。資格試験受験の条件は、高卒なら3年以上、大卒、短大や看護学校卒の場合は1年以上所定の教育課程を修了することです。この後国家資格を受けて合格すれば視能訓練士になれます。昔はその名の通り弱視や斜視の訓練が主でしたが、現在では眼科医療検査全般に業務が拡大され、健康診断や目のリハビリ業務も行っており、将来性のある資格として大変人気です。

学んだことを活かして働く

視能訓練士になるための一般的な方法は、視能訓練士養成施設で勉強することです。全国に約25箇所あるので自宅から通学できる所を選ぶと良いでしょう。ここで必要な知識を修得した後、年1回開催される国家試験を受けて合格しなければなりません。時間はかかりますが、それだけ資格の価値があると言えるわけで試験に合格すれば就職先で困ることはありません。視能訓練士の半分近くは眼科に就職して養成機関で学んだことを活かして働いています。眼科ですので救急医療も殆どありませんし環境の良い医療現場で患者様の眼科治療における検査をサポートできる、非常にやり甲斐のある仕事です。眼科医療はコンタクトレンズやレーシック等の最新医療も進化しており、眼科検査業務の重要性は今後も続くでしょう。