女の人

就職や転職に便利|医療事務の資格は通信教育で取得できる

医療の仕事

男性

最近人気のある義肢装具士になるには、養成学校で一定期間勉強して国家試験に合格する必要があります。資格を取得すれば就職先に困らないこと、やり甲斐のある仕事なのが人気の理由です。受験者が限定的なため試験の合格率は高いですが、事前学習は必要です。

もっと知ろう

通信教育を活用する

レディー

仕事内容や勉強方法

医療事務とは病院やクリニックの医療機関で、医療にかかわる事務作業を行う人のことをいいます。医療機関の窓口に立ち受付業務を行うだけでなく、診療報酬の明細書(レセプト)を作成する業務なども行います。特にレセプト作成業務は専門的な知識を必要とするので、医療事務の資格を持っていると仕事の幅が広がり収入アップにもつながります。またこれから医療事務として医療機関で働く場合も、資格があったほうが就職や転職に有利になる場合もあります。資格取得には専門学校で学んだり通信教育を活用したりする方法があります。もし仕事や家事を両立させながら勉強を続けたいのであれば、自分のペースを維持できる通信教育がおススメです。また受講費用も、学校で学ぶよりも安く済ませることも大きな魅力です。

通信教育での勉強方法

医療事務の資格には色々なものがありますが、仕事をするうえでは絶対必要なものではありません。しかし資格を取得しておくと就職に有利であったり、待遇が変わったりすることもあるのでチャレンジしても損はないでしょう。通信教育を利用して勉強する人も多いですが、教材には数冊のテキストやDVD、ガイドブックが用いられることが一般的です。医療事務には専門用語がたくさん出てくるので、初めのうちは用語をしっかり覚えることが肝心です。テキストには用語の説明や解説が載っているので、テキストを読みながら用語解説を読んでいくと少しずつ覚えていけるでしょう。また通信教育にはスクーリングが採用されている講座もあり、そこで直接質問してみるとより理解が進むのでおススメです。

眼科で働くには

男の人

眼科で働きたい場合は視能訓練士という資格があれば就職に有利です。業務内容は眼科検査及び弱視や斜視の視力訓練等で、業務内容が拡大され将来性のある資格として人気です。視能訓練士になるには視能訓練養成機関で一定期間必要な知識を身につけた後国家試験に合格する必要があります。

もっと知ろう

資格取得や働く場所とは

女性

診療放射線技師とは医療機関で医師や歯科医師の指示のもと、放射線を用いた検査などを行う専門職です。診療放射線技師として業務を行うためには、国家資格を取得する必要があります。また働く場所は医療機関だけでなく、検査施設や医療機器メーカーなどもあります。

もっと知ろう